<< ジャパニメーションは偉大なり(後編) | main | 私は青少年健全育成条例改正案に反対します >>

スポンサーサイト

0
    • 2017.02.20 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    特報:かってに改蔵12巻ニュース

    0
       

      涙が出ました・・・・・・

      嗚呼、これがどういうことを意味するのか、ファンならよく分かると思います。

      かってに改蔵ドラマCD付き特装版発売!!!!!!

      http://www.websunday.net/news/

       

      言葉にならないという言葉にしかなりません・・・・・・(涙)

      小学館黄金期(animation golden age)という名の大航海時代、舵の代わりにペンを握るその手には汗ではなく透明な血が噴き出す程のアンケートの荒波に晒され、コナン、MAJOR、犬夜叉、ガッシュなどの大型海賊とは対照的に陽のあたらないところでもがき続けた久米田先生。

      「シネ、三流漫画家!!!」

      アニメ化の話が2度潰れ、希望もなくひたすら闇の淵で読者にあてた漫画の中のメッセージ・・・・・・

      それでも。それでも諦めなかった果てに『改蔵ファンブック』。とうとうアニメ化か?という読者の期待を裏切ってまさかの『打ち切り』

      この本には致命的欠陥がある。」

      (中略)

      Mはパラパラと頁をめくり、とある作品を指差してこういった。

      「これだよこれ!!

       これがあるから息子に見せられないんだよ!!たまに致命傷だよ!!」。

      その指の先には・・・いや、皆まで言うまい。

      Mはその漫画雑誌の編集長だった。つまり、そういう事だ。

      講談社への移籍、そして3度のアニメ化、本当によかったです。久米田先生のファンとして。

      でも改蔵には闇の中にいるときにしか、描けなかったものがあったと思います。久米田先生にはもう闇の中に入らなくていい、と言えると思いますが。

      自分としてはあの作品のあの終わり方は作品として綺麗にまとまっていたと思います。もうアニメ化ならず打ち切りという闇までネタにしてしまったし、だからこそあの終わりを読んだ闇の住人達は救われる気持になったと思うのですが。

      でもあんなすばらしい作品がマンガだけで終わってしまうのはとてももったいないことだったと思います。だから、このドラマCD化は本当に嬉しい。

      彼らに、幸あれ

      (超蛇足)

      にしたってこのドラマCD、いきなり過ぎだという感が拭えません。厄介払いした漫画家の打ち切った漫画をひっぱり出してきていきなりドラマCD・・・・・・最近ではAKB48の香り付きの写真附録が付いたらしいサンデー、本当にやばそうですね・・・・・・コナンだけバカ売れしてるけど、他はちょっとマイナーすぎるものなぁ(ジャンプもマガジンも5年以上やっている看板除けば非常にマイナー作品ばかりだけどね)

      サンデー廃刊という数年前からの予言的噂が本当に現実のものになりそうだなぁ・・・・・・久米田先生が戻ったところで発行部数が大して伸びるとは思えないけど(←失礼ですがでも最近の出版事情を鑑みて)、でも雑誌としては安定している作家(本人の性格は置いといて)がいればかなり違くなるから、ましてや久米田先生だし、減少を抑えることはできそうと思ってしまうのは甘いんでしょうか。

      歴代担当からの戻ってコール、発行部数70万部切った、現行紛失事件、犬夜叉・MAJORの終わり、ベテラン作家の移籍・・・・・・

      売れない時代だというのもあるし、ぶっちゃけ売れるほど面白い漫画が少ないというのもあると思います。今面白いものってゲーム、ラノベ、アニメ、色々含めてしまうと相当に氾濫しているし。

      先生としては今のサンデーをどう思っているんでしょうか。多分畑先生が今も売れっ子なのは嬉しいと思っているだろうし半分皮肉っぽい思いもあると思います。でもそれを除けばいくら自分がああいう目に遭ったとはいえここまで落ちてしまったことでやはり悲しい気持ちだろうと思います。

      ドラマCDも出るしもう久米田先生が戻りたいと言えば小学館に戻ることに対し読者としてあまり文句は出ないと思います。ここまでサンデーが落ち込めばマガジン読者だって同情するでしょうし・・・・・

      でも移籍に関しては、じょしらくの連載が別マガで続き、絶望にきちんとした終わりを付けシャフトで四期をやるという条件でのみ、認めますが。

       

      可符香:「やだなぁ、ドラマCDまで出る漫画が打ち切られた なんてこと あるわけないじゃないですか。

      これは講談社による、大金積んでの引き抜きですよ」

       

      最後に 部長は林原めぐみさんがいいです。


      スポンサーサイト

      0
        • 2017.02.20 Monday
        • -
        • 20:45
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        すばらしい
        • 久米田先生好き
        • 2011/01/12 12:20 PM
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        2627282930  
        << April 2020 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM